【2016年最新地震予知】東京大学村井教授がコッソリ教える危険7地域!

8月1日更新
今回は、 村井教授 東京大学 地震 2016年 最新 について書かせていただきます。

東京大学 村井教授 地震 2016年 最新

数々の地震を予測し、的中させてきた東京大学名誉教授村井教授
2015年に引き続き、2016年の予測も是非的中させていただきたい。
(地震は来ないに越したことはないのですが)
前もって危険を知らせてくれるのであれば、
それほど重要な情報は他にはないでしょう!

今回は村井教授の最新地震予測2015年~2016年を
紹介させていただきます!

 

 

スポンサードリンク


 

村井俊治(むらいしゅんじ)教授とは?

日本の土木法学者、東京大学名誉教授。
専門は測量、空間情報工学。
2013年より日本測量協会の会長を務めている。

村井教授は地震学の専門家ではないのだが、
過去に驚くべき的中率で地震を予測していた。

その、地震の観測方法ですが、
全国に1300拠点も配置している電子基準点と呼ばれる地点から、
全国各地の土地の起伏をミリ単位で測定し、
何らかの異常があれば、それを村井教授がキャッチし、
情報を知らせてくれているというのだ。

過去の予測、結果

昨年の1月から震度5以上の的中率

 

東京大学 村井教授 地震 2016年 最新
画像http://teacheers.main.jp/

 

スポンサードリンク


 

恐るべき的中率・・・

実は2010年9月に全国的な以上に気づいていたという。
その後、2011年1月にも東北・関東付近で異常を観測していたのだが、
それがまだ巨大地震の前兆だとはいえるほどの準備が整っていなかった。
と後悔が残っている分、今の活動の原動力になっていると述べている。

データをいち早く察知し、
一人でも多くの人の命を助けることが出来れば
という気持ちでやっているというのだから、
本当に関心である。

今後の地震予測にも期待が高まります。

 

 

村井教授の最新地震予測

恐れるべき点は今後の地震予測でしょう。
これほどの確率で地震を的中させている村井教授なのですから、
次に危険な場所の情報など頭に入れておかないわけにはいけません!!

2015年末~2016年前半まで注意しておくべき地域です。

  • 北海道
  • 青森県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 東京都
  • 神奈川県三浦半島
  • 南関東の「小田原地区」「箱根地区」

いずれも、震度5以上の大きな揺れを観測するかもしれない、
というので、こちらの地区の方は十分に注意が必要でしょう!

それ以外に地震予測をされている方が予知する、注意すべき地域

  • 福島沖
  • 新潟から岐阜近郊
  • 関西から四国地方
  • 南海・東海
  • 九州・南西諸島

もう、日本のどこにいても地震が来るじゃん!!
富士山も噴火するんではないかとも言われていますし、
本当に近年地震が起きてしまったら2020年の「東京オリンピック」は大丈夫なのか?
と思ってしまいますよね・・・

東京で危険視されている地震は首都直下型ですよね・・・
こちらの記事もどうぞ

≪関連記事≫

カープが優勝した時に起きた災害がヤバすぎる・・・

 

スポンサードリンク


 

最後になりましたが、
いち早く地震の最新情報を知りたい!という方は、
村井教授監修の【週刊MEGA地震予測】をご覧ください!

ここでの情報は、第三者に公表することが禁止されているので、
興味のある方は月額216円なので、確認してみてください!!

ダイエット成功者の共通点は〇〇だった!

→ 女性の薄毛対策、諦めるならこれを使ってから!

という事で、
村井教授 東京大学 地震 2016年 最新
について書かせていただきました。

 

 

2件のコメント

  • 佐藤たかし

    地球の磁場が逆転して凄い事になると言ってる人がいますがどうお思いになりますか?

    • カラオケダイエット野郎

      佐藤たかし様
      コメントありがとうございます。

      磁場の件ですが、
      確かに磁場逆転について言及しているサイトが散見されますね。

      可能性としてゼロか?と言われれば、
      それはありえない!ということを歴史が証明しています。

      地磁気の影響については、
      目に見えないものであることもあり、
      まだまだ解明されていない分野の1つです。

      つまり、
      生態系や人間に
      何らかの変化を起こす可能性は大いにありえますが、
      どのような変化が起こるか?については明確にはわからない。
      というのが答えになるでしょう。

コメントを残す