地震予知の権威!木村政昭氏が教える【2016年以降危険な5つの地域はココ!】

今回は、 地震予知 木村政昭 2016年 について書かせていただきます。

地震予知 木村政昭 2016年

地震予知をされている方の中で近年注目を集めているのは、
「東大名誉教授・村井俊治」「予言者・松原照子氏」
他にもいますが、もっとすごい地震予測をしていた方をご存知ですか?

木村政昭氏です!

彼は過去の大地震や火山の噴火などを数々当ててきました。
今回は木村氏が予知している最新情報と、2016年以降の予知をご紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク


 

地震予知研究者の木村政昭とは?

木村政昭さんとは、琉球大学名誉教授なんです。

これまで数多くの地震と噴火を予測し、的中させてきた人物で、
また海洋学者としても、与那国島海底遺跡の発掘・研究をしているんです!

木村氏は独自の「時空ダイアグラム」理論によって、
(地震が発生し得る場所にもかかわらず長期間起きていない)地震空白域から
地震の目」を探し出し、発生時期と規模を予測する研究を進めてきました。
火山噴火も同様の「噴火の目」を探して予測を行っています。

地震の目」「噴火の目」と聞きなれないフレーズですね。
台風の目」なら聞いたことがあるんですけど・・・笑

以下に、木村氏が予測し的中させた地震・噴火の例です。

  • 1983年10月3日:三宅島噴火
  • 1986年11月15日:伊豆大島・三原山噴火
  • 1995年1月17日:阪神淡路大震災 M7.2
  • 2004年10月23日:新潟県中越地震 M6.8
  • 2011年3月11日:東日本大震災 M9.0
  • 2014年11月22日:長野県北部地震、M6.7

ちなみに木村氏は、多くの地震研究者や予言者が
2015年、2016年など近いうちに起きると予想している大地震のうち、
南海トラフ地震」と「首都直下地震」については、
地震の目」が見られないために、しばらくは起きないと言っています。

 

~~~~~~~~~~

リバウンドをしない体のつくり方!1日にコレを取り入れるだけ!

~~~~~~~~~~

 

木村氏が教える2016年の危険5地域

では、今後起こりうる災害はいつ起きるのか。
木村氏が予測する、巨大地震大噴火が起きる5つの危険地域はこちら!

1.伊豆諸島沖地震

震度はM8.5
期間は2012年±5年

 

2.富士山の噴火

期間は2014年±5年

 

3.箱根山の噴火

期間は2015年±5年

 

4.北海道東北沖地震

震度はM8.5
期間は2010年±5年

 

5.日向灘南部沖地震

震度はM8.7
期間は2015年±5年

他にも近年予想される大地震と噴火予想図です。

地震予知 木村政昭 2016年
出典:http://kimuramasaaki.sakura.ne.jp/site2/2015/10/06/1038/

スポンサードリンク


 

 

川原原発と桜島のカルデラ破局噴火

木村氏いわく、桜島でカルデラ破局噴火(地下のマグマが一気に噴火する破壊的な噴火)
が起きれば、川原原発まで影響が及ぶかもしれないという。

日本では破局噴火が7300年ほど発生してませんが、
何が起きるかわからない世の中、いつ起きてもおかしくなさそうですね。

 

木村氏は、
「今はやがて来る巨大地震や大噴火の前段階にすぎない」と話しています。

他の地震研究者や予言者なども
南海トラフ地震」や「北海道地震」と、
ほぼ日本全域に影響を与える地震が起きると予測しています。

今年の冬も乾燥肌に悩まされたままでいいんですか?

九州が地震の影響がなさそうで一番安全かと思いきや、火山の恐れもありますし・・・
いったいどこにいれば安全なのでしょうか。笑

危険地域だけでなく、安全地域の情報が分かればすぐに配信します!

 

スポンサードリンク


 

~~~~~~~~~~

カープが優勝した時に起きた災害がヤバすぎる・・・

~~~~~~~~~~

 

以上、
地震予知 木村政昭 2016年
について書かせていただきました。

 

 

コメントを残す