地震雲の【種類と特徴】で地震発生日がわかる!?この雲が現れたら注意!

地震雲」という言葉を目にしたり、聞いたりしたことはあると思います。
でもイマイチどんな種類の地震雲があるのか、詳しく知っていますか?

地震雲にも種類があり、また特徴もあります。
さらには、地震雲が出てから地震の発生日を予測することができることもあります!

ただ、その科学的根拠は今現在研究中なので、
必ずしも、地震雲を見たから地震が起きる!という事ではありません。

でも、実際地震雲を見た数日後に地震が起きた例もいくつかあるので、
今回は、地震雲の種類とその特徴をご紹介いたします。

地震雲種類 特徴

 

 

スポンサードリンク


地震雲の種類と特徴

では、地震雲にはどのような種類があり、
どんな特徴があるのか、一つずつ見ていきましょう!

1.断層形地震雲(だんそうがたじしんぐも)

地震雲種類 特徴
出典:http://jishin-yogen.com/?no=1170

特徴

青空と雲が空を2つにに分けているような形状の雲。
雲発生から2~3日程で、大きな地震が発生すると言われている。

 

スポンサードリンク


 

2.帯状形地震雲(おびじょうがたじしんぐも)

地震雲種類 特徴
出典:http://blog.goo.ne.jp/

特徴

長い帯のような形状の雲。
長さが長いほど地震発生までの期間が短い!
目撃される地震雲の7~8割を占めている。
この雲を見かけたら注意が必要!!

 

 

3.波紋形地震雲(はけいがたじしんぐも)

地震雲種類 特徴
出典:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/

特徴

水面にかかる波紋のような形状の雲。
雲が長く、色が濃いほど大きい揺れがあると言われている。
目撃例の1割程を占めている。

 

4.放射状形地震雲(ほうしゃじょうじしんぐも)

地震雲種類 特徴
出典:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/

特徴

震源方向から数本の雲が放射状に伸びている形状の雲。
3~4日以内に地震が起こることが多いと言われている。
雲が長く、太く、濃いほど揺れが大きい。

 

5.肋骨状形地震雲(ろっこつじょうじしんぐも)

地震雲種類 特徴
出典:http://odayuriko.livedoor.biz/

特徴

肋骨のような形の雲。
非常に珍しい形であり、危険度も高い!
この雲が見られてから2~24時間以内に、地震が発生することが多い。

雨の前兆でもある雲ともいわれている。

 

しわ、ほうれい線、シミ。まさか50代で治るとは思ってませんでした!

 

6.弓状形地震雲(きゅうじょうがたじしんぐも)

地震雲種類 特徴
出典:plaza.rakuten.co.jp

特徴

弓状の形をした雲。
中心から延長線上に震源地があると言われている。

目撃されてから2~3日以内に地震が発生することが多い。
色が濃く、雲が長ければ長いほど地震の規模が大きい。

 

スポンサードリンク


 

 

7.竜巻形地震雲(たつまきがたじしんぐも)

地震雲種類 特徴
出典:http://matome.naver.jp/

特徴

竜巻のような形をした雲。目撃された付近で地震が発生しやすいと言われている。
雲発生から8日以内に地震が起きることが多い。

飛行機雲と間違われることが多いが、
飛行機雲とは異なり、長時間消えづらく、形が変わり辛い。

垂直であればあるほど震源地が近いので注意!

 

8.稲穂形地震雲(いなほがたじしんぐも)

地震雲種類 特徴
出典:http://plaza.rakuten.co.jp/

特徴

稲穂のような先が太い形状の雲。
発生から2日以内に地震が発生することが多い。
風向きとは関係なく、震源地の方向に移動していくケースがある。

▼▼こんなサプリ▼▼

ダイエット サプリ 効果 人気 市販

▲▲待ってたの!▲▲

9.さや豆形地震雲(さやまめがたじしんぐも)

地震雲種類 特徴
出典:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp

特徴

さや豆やインゲン豆のような形状の雲。
発生後3~4日以内に地震が発生することが多い。
雲が大きければ大きいほど、
地震の規模も大きくなると言われている。

 

 

いかがでしたでしょうか。

もし、今度地震雲を見かけたらどんな種類の地震雲なのか?

その雲にはどんな特徴があるか?何日後に発生するかもしれない?
というのがわかるようになっちゃったのではないでしょうか?

ただ見て流すだけではなく、地震が来るかもしれない!
という心構えでいましょう!
準備をするのとしないとでは全然違いますからね!

 

8件のコメント

  • ひさゑ

    10月29日朝、東の空に竜巻状の雲発見

    • カラオケダイエット野郎

      ひさゑ 様
      コメントありがとうございます。

      貴重な発見情報ありがとうございます!
      もしよろしければ、どちらの地域から見て、
      「東の空」に発見されたのか、詳しく教えていただければ幸いです。

  • 宮本美保子

    今日の地震雲すごすぎ!太陽から阿蘇方面にむかって稲穂型地震雲が昼すぎから4時頃からゆうがたまで兎に角きみわるかった、なにもないこと祈る

    • カラオケダイエット野郎

      宮本美保子 様
      コメントありがとうございます。

      それは注意が必要になるかもしれませんね。
      何もないことが一番ですが、万が一のためにも、
      避難順路や防災グッズなどの準備はしておいた方がいいと思われます。

  • ももも

    竜巻型地震雲の画像として貼られている画像ですが、これは無風時の固体ロケットの推進剤の跡です。
    微細なアルミ化合物を大量に含むので、長時間残る場合があります。

    典型的な竜巻型といったらやはり阪神大震災の時に撮られた物ではないでしょうか。

    • カラオケダイエット野郎

      ももも 様
      コメントありがとうございます。

      貴重な情報提供ありがとうございます。
      正しい画像を発見次第変更させていただきます!

  • あああ

    こんなのただの高積雲じゃないですか。しょっちゅう空を眺めていれば分かると思いますけど有り触れた気象現象ですよ。
    今のネットのオカルト界隈はちょっと珍しい雲を見かけたら地震だとか騒ぐようになっちゃって本当に馬鹿馬鹿しくなりましたね。
    (竜巻状の雲は警戒しても良いとは思いますけど)

    • カラオケダイエット野郎

      あああ様
      コメントありがとうございます。

      地震も頻繁に起きていますので、敏感になっているのだと思います。
      しかし、何かの兆候じゃないか?と危険視して準備をしておくことはいいことだと思うので、
      警戒は必要だと思います。ただ、毎回同じような雲が発生するたびにビクビクするのも神経がいりますが・・・

コメントを残す