地震予知2016~2017年の注意すべき地震がヤバイ【予言者の最新情報まとめ】

今回は 地震予知 2017 予言者 最新情報 まとめ について書かせていただきます。

地震予知 2017 予言者 最新情報 まとめ

 

2016年に起きた「平成の4連続巨大地震」。多くの地震予知・予言者・予測などで2016年は巨大地震の恐れがあると言われていたのですが、こうも連続して巨大地震が起きるとは思ってもおりませんでした。

南海トラフ地震が危険視されている中で、起きたこの4連続巨大地震は、今後起きると言われている、南海トラフ地震関東大震災(首都直下型地震)北海道地震の誘発に繋がるのでしょうか。2017年の地震予知・予測・予言も気になるところです。

今回は、2016年2017年に地震予言・予測されている教授や予言者の最新情報をまとめたものと、2016年に起きた地震は「南海トラフ地震」の影響になるのか、また、他の地域でも危険視されている地震情報がありましたので、まとめさせていただきました。

 

スポンサードリンク


平成の4連続巨大地震とは?

平成28年に起きた4つの巨大地震(熊本地震の前震・熊本地震の本震・北海道内浦湾・鳥取県倉吉市)の事です。

この地震の影響で、南海トラフ地震や関東大地震は発生するのでしょうか?少し注目してもらいたい情報が見つかりました。

熊本地震(前震・本震)

  • 4月14日に発生した前震。最大震度7、M6.5を記録
  • 4月15日に発生した本震。最大震度7、M7.3を記録

この地震がきっかけで南海トラフ地震(南海・東南海・東海地震の連動)の可能性はあるのか?というのが気になるところだと思いますが、専門家の意見は「ないとは言えない!」という少しあいまいな表現でした。

なぜかというと、熊本地震で発生した地震のプレート(断層)が「布田川断層」というもので、九州地方から長野県にまで伸びている断層だそうです。

その「布田川断層」と熊本地震が発生したあとに発生した余震などを照らし合わせてみると・・・

熊本地震 今後 南海トラフ 震源 移動

出典:http://i.imgur.com/8TAJVod.jpg

灰色⇒「布田川断層」  カラー⇒発生地震

徐々に東海地方の方に向かって地震が発生していたのです。この見解から、南海地震への誘発になるのでは?と言われています。

地震は連動するといわれているので、南海トラフプレートにも何らかの影響がでていると考えた方がよさそうですね。

富士山にもかかっているように見えるので、富士山の噴火の誘発にもなりえるかもしれませんね。怖い・・・

《関連記事》

熊本地震と南海トラフの関係がコワすぎる!

地震保険と火災保険との違いに仰天!

 

北海道内浦湾地震

  • 6月16日に発生した地震。最大震度6弱、M5.3

北海道地震は予言が当たっていた?ゲリーポーネルという予言者が2016年半ば頃に北海道での地震が起きると予知していました。詳しい予言内容や発生地震情報は下記をご覧ください

《関連記事》

北海道地震が起きたら住めなくなる?

また、地震予測で有名な村井教授や早川教授や木村教授もこの北海道地震を警戒しておりました。

 

鳥取地震

  • 10月21日に発生した地震。最大震度6弱、M6.6

鳥取県倉吉市や湯梨浜町で発生したこの地震は南海トラフ地震の誘発になるのでしょうか。

そもそも鳥取県には活断層がないので、地震は発生しないのでは・・・と言われているみたいですが、地震の発生条件は様々で、今回の鳥取で起きた地震は他の地域で起きた地震の影響でたまた「ひずみ」の反発によるものでした。

過去に起きた鳥取地震を見てみると、

  • 1943年「鳥取地震」最大震度6、M7.2
  • 1944年「昭和東南海地震」最大震度6、M7.2
  • 1945年「三河地震」最大震度5、M6.8
  • 1946年「昭和南海地震」最大震度6、M8.0

と、鳥取地震の発生後に南海・東南海・東海地域の地震が発生しています。また、偶然ではあると思いますが、伊勢神宮の「式年遷宮」で1300年にわたり行われてきた、内宮と外宮の入れ替わり「米座(こめくら)」と「金座(かねくら)」の「金座」の時にしか南海地震が発生していないといいます。

ただ、南海トラフ地震との直接的な関係があるとは言えず、少なからず共、この地震でできた「ひずみ」はどこかにまた影響を出すかもしれないという見解となっています。

 

スポンサードリンク


地震予知・予言者の今後の予測は?

2016年に地震予知・予測されていた方の2017年の予測や2016年の的中などをご紹介します。

ジョセフ・ティテル氏

2016年後半から2017年には激しい天候の変化があり、巨大地震や火山噴火が起きる。日本だけでなく、インドネシア、中国、アメリカ、北極にも大きな地震が起きる。2018年まで油断はできないと予言されています。

地震予知 2017 予言者 最新情報 まとめ

出典:http://file.rockway.blog.shinobi.jp/

また、リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)の活動が活発になり、注意するべき場所は新潟県と高知県近海だといわれています。また、フィリピン周辺で大きな津波に注意とも言っています。

 

デヴィット・タカヨシ・スズキ氏

ブリティッシュコロンビア大学名誉教授のデヴィット・タカヨシ・スズキ氏は「2017年の9月までにM7以上の巨大地震が発生し、福島原発に被害を与える可能性がある」と予測しています。

 

 

琉球大学名誉教授、木村政昭氏

数々の地震を予測・的中してこられた木村教授ですが、今後の注意すべき地震は「伊豆諸島周辺で発生する地震」だそうです。2017年までに発生すると予測されています。また、北海道東方沖地震(M8.5±)も予測されており、コチラは2017年2月ごろまで警戒が必要とされています。

北海道地震を予測されているのは他にも、「ゲリーポーネル」、「イヴァン・チホノフ室長」、「宍倉正展氏」がおられます。

木村氏の最新情報はコチラ

 

FBI捜査官 ジョー・マクモニーグル氏

2008年~2067年までに計6回の津波が日本で発生し、「2013年 晩夏 13M」と予言し、東日本大震災を半年の誤差で的中。そんな彼は「2018年 晩夏 東京都 西40M 震度6弱」と予言されています。

30代後半女性

ダイエット方法は年齢で変化する!

だから痩せれる

松原照子氏

東日本大震災を予言・的中させ有名になった松原照子氏は、以下の予言をされています。

1631854(安政東海地震が起きた年)=2017 2 1261891(濃尾地震が起きた年)=2017

つまり、南海トラフ地震(および濃尾地震?)が、2017年に起きることを暗に示しているのではないか?

前述の南海トラフ地震発生の「法則」に照らし合わせてみると、黒潮の「直進期」が来年いっぱいまで続くとすれば、南海トラフ地震は2017年7月から12月のうちに起きる可能性があるということになるだろう。

 

 

早川氏、村井氏

地震予測者の早川氏の最新情報はコチラ

村井氏の最新情報はコチラ

 

スポンサードリンク


 

以上になります。最新情報が入り次第追記させていただきます。

 

 

コメントを残す