関東大震災の前兆地震【2016年の茨城県の余震回数が〇〇回!?】関連性は?地震予知は?

今回は 関東大震災 前兆地震 茨城 2016 余震 について書かせていただきます。

関東大震災 前兆地震 茨城 2016 余震

関東大地震にはあるメカニズムがあった?
過去の関東大地震が起こるまでの法則をまとめると、
前兆地震が大きく関わっているみたいです。
これは、近年関東大震災が起きる確率は高そうです。

2016年、立て続けに大きな地震がありました。
熊本地震、北海道地震。
しかし、その陰で余震がすごい地域があるのをご存知ですか?

じつは「茨城県」なのです。
茨城県余震が続くと危険な理由があります。

それは・・・

 

 

スポンサードリンク


 

関東大震災とは??

大正12年(1923年) 9月1日 11:58 M7.9
南関東を中心に発生した巨大地震のことである。

本震の後にもM7以上を超える余震が何度も発生しました。
その驚くべき余震の数々です。

 

Nature Rhythm

 

余震

  • 9月1日

    • 12:01 M7.2 東京23区や神奈川県東部の横浜・川崎
    • 12:03 M7.3 神奈川県・山梨県・静岡県県境付近 – 神奈川県西部、静岡県東部、山梨県で強い揺れを感じる。
    • 12:17 M6.4 伊豆大島近海
    • 12:23 M6.5 相模湾
    • 12:40 M6.5 相模湾
    • 12:47 M6.8 山梨県中・西部
    • 13:31 M6.1 静岡県東部
    • 14:22 M6.6 静岡県伊豆地方
    • 15:19 M6.3 茨城県沖
    • 16:37 M6.6 静岡県東部
  • 9月2日

    • 11:46 M7.3 千葉県南東沖
    • 18:26 M6.9 千葉県東方沖
    • 22:09 M6.5 静岡県伊豆地方
  • 大正13年(1924年)1月15日05:50 M7.3 神奈川県西部(丹沢地震)

    引用:ウィキペディア

 

 

余震でこの規模が続くと、本当に恐ろしいですね。
しかも2日以内で起きているのでなおさらです。

関東大地震は予測できなかったのか?
現在の研究で分かっていることがあります。

それは、本震が来る前の前震です。
その前震が関東大震災を誘発させたのではないか?
という研究結果が出ているので、
次に来るかもしれない関東大震災は予測できるかもしれません。

 

スポンサードリンク


 

前震

 

以下は本震発生以前の近い時期における関連が指摘される]地震の記録である。

  • 8年前

    • 大正4年(1915年)11月、東京で有感地震が過去最多の18回。
    • その後地震は沈静化。
    • 大森房吉今村明恒両博士の関東大地震論争。
  • 1 – 2年前

    • 大正10年(1921年) – 茨城県南部で地震(M7.0)。
    • 大正11年(1922年) – 浦賀水道で地震(M6.8)。
  • 2 – 3ヶ月前

    • 大正12年(1923年)5 – 6月、茨城県東方で200-300回の群発地震(有感地震は水戸73回、銚子64回、東京17回)。

      引用:ウィキペディア

関東大地震の1~2年前から茨城県を中心に地震が何度も発生しています。
その数なんと200回~300回以上

ちなみに、2014年~現在(2016年6月23日)に起きた
茨城県(茨城県沖・茨城県南部・茨城県北部)の地震の総回数は、

530回

回数もすごいですが、この地震の回数の期間が短ければ実短いほど、
関東大震災が起こる確率が高くなるということかもしれません。

 

 

スポンサードリンク


 

最後に、

これはあくまでも、過去のデータと現在起こっている地震などを
照らし合わせている情報なので、確実に起こる!
というものではありません。

一つの指標として、皆様の頭の片隅にでもおいていただけると幸いです。
今後来るといわれている大地震。

関東大震災・首都直下型地震・南海トラフ・東海大地震

いつ、何時起こるかわからないので、
避難準備だけはしっかりしておきましょう。

《関連記事》

沖縄地震が南海トラフ地震の連動となる!?

 

 

以上、

関東大震災 前兆地震 茨城 2016 余震

について書かせていただきました。

 

≪こちらもチェック≫

カープが優勝した時に起きた災害がヤバすぎる・・・

今年の冬も乾燥肌に悩まされたままでいいんですか?

→ リバウンドをしない体のつくり方!1日にコレを取り入れるだけ!

 

コメントを残す